【就学に向けて】支援学校体験入学、行ってきました!

●就学に向けて

こんばんは!lenoreです。

今回は、少し前に行った支援学校の体験入学について書こうと思います。

予想していたよりも脱走はしなかったけど…まぁゼロではなかったので、夫と2人体制でもそこそこ疲れました😵😅

 

今まで経験した中で一番 “自由”

市の言葉教室、相談員さんとの面談、児童相談所での発達検査…

今までいろいろな「娘と一緒に誰かとお話をする・聞く」という場面がありました。

その中で、今回行った支援学校体験入学は…ぶっちぎりで一番 “自由” でした😂👍

 

こういう体験入学でよくある[説明→実際に体験→質問受付→解散]という流れでしたが、最初の説明の時点から自由!

猛スピードで走り回る子
静かに歩き回る子
話の間椅子に座っていられる子
入口出口から脱走を試みる子
遊んで…歩いて…また遊んで…興味コロッコロ ウロッウロの子(娘!)

本当にいろんな子が居て、先生方はそれに応じてまるで柔道の受け身のように優しく対応されていました。

 

なんて言えば良いのかな…?

強く押さえつけるでもなく、でも何もしない訳でもなく、ふんわり「こっちだよ」と◯マルな方向へ連れて行く感じ?

わたし的には親としてとても嬉しい対応でした😊

 

先生方の説明自体も「みんな着席したら話を始めます(=着席できるまで・先生の近くまで来るまで話しません)的なのとか、

それに伴っての親の「(うっわやば、そもそも席までたどり着けないんだけど?あ…呼ばれてる?)あ、はーい‼ここに居ます‼すみませんちょっと…(娘に)こっちだよ😵💦」的なのが一切なく、

出来る時にやればいいし
その場に居られただけでOK
お子さんの対応で聞けない所があれば後の質問時間に聞きますよ という感じでした。

…神?…😭✨

 

まだ入学前の体験なので…というところもあるかなと思いますが、

やはり親的には、公共の場や◯歳児健診の時などに感じざるを得なかった

(何に対してかよく分からないけど)あ、すみません…😓」という、

心に徐々にグサグサ来る居心地の悪さは全く無かったのでとてもありがたい環境でした。

 

「やっぱ手厚いわ」

説明の後にあった体験授業では音楽の授業に参加。

よく想像するような「カタい授業!」っていう感じではなくて、どちらかというと「手遊び・おゆうぎ」に近い感じでした。

 

最初は「このくらいの“授業とレクリエーションの間っぽい感じ”なら、娘座ってられるかな?」と思ったんですが、そこはなかなかうまくいかず…😵💦

 

娘は興味があるものであればこちらが驚くほど集中し続けられるものの、

興味があるものにたどり着くまで、同じ場所に居る・座ったままでいるというのが難しいので、

夫と交代しながら、脱走しそうになるパワーをそらしながら逃しながら…がんばりました😵💦ヘロヘロ

娘も頑張った!楽しそうに過ごしていました✨

(今回の場合だと、娘音楽はすごく好きなので「今この教室にいるのは娘ちゃん好きな音楽をやるためなんだよーほら!もう少し!歌うたうよ!…ほらね!」←ここまで脱走パワーをそらし続けるのほんとキツい)

 

そしてやはりすごいなと思ったのは、生徒に対する先生の人数

以前説明会の時に、過去の行事写真を見て先生の多さに驚き&分かってはいたものの、

実際に授業に参加してみても、本当に先生が多い!

(その時の教室には生徒3人に対し1人くらい居た印象です)

 

学年や授業内容によって変わってくる事があると思いますが、

地域の小学校の支援級よりも大人の人数がかなり多く、

トイレに行きたくなった子に対して1人先生が付いていっても、ちゃんとまだ教室に他の先生がいて他の子のフォローをされている…

脱走(危険認知)を一番気にしている私としては、すごく重視したいポイントでした。

 

(地域の小学校支援級は、先生方の知識や理解・環境づくりなど「良い印象しか無い!」って位いい感じのところだったんですが、やはり基本的に“勉強するところ”なので、娘にとってはハードルが高いことが多い。そして脱走が心配な親としては、子どもに対する先生の数が少ないことが気になっていました。)

 

体験入学のその後の流れは…?

体験入学に行く前から、いろいろ考えた末に「支援学校希望」と決めていた私たち。

 

そのあたりのことでちょっと気になっていたのが

娘は療育のみで保育園とか通ってないから、就学について本来なら保育園経由で知るようなことも知らずに行ったかもしれないことを、市の就学担当の方がいろいろ教えてくれたな…🤔

そういえば「支援学校希望なら就学前健診は行かなくていいですよ(支援学校に入ってから健診がある)」って市の就学担当の方に教えてもらって、「じゃあ地域の小学校には支援学校希望になりました=そこの小学校には行きませんって伝えておきますね」ってなったけど…🤔

…ん?この後私は誰と繋がっておけばいいんだ?何をすれば?待つだけ??

という宙ぶらりんなところのことでした。入学願書提出とかがあるわけじゃないしね…。

 

そこでそのまんまを市の就学担当の方へ質問してみたところ、

支援級見学~現在まで、市の就学担当の方と繋がりがあったことで

娘は「こんな感じの子です」というのが既に市の教育委員会には行き届いていて、

(そういえば地域の支援学級見学の時に娘の名前を既に知っている先生がいらっしゃった)

その先の手続きも就学担当の方がやってくださるとのことで「希望は伺っているし後は正式な通知を待つだけ」とのこと…。

…ひぇぇありがとうございます状態でした🙇🏻‍♀️✨

 

大体はそういう流れになるものなのかな?と思いますが、

年長入園をどうしようか悩んで保育園関係の課に行った時にかなり望み薄で→でもその時話した方がすごく親切で就学担当の方(別の課)まで繋げてくださったことがきっかけで今があるので、

やっぱりこっちからいろいろガツガツ目に聞いておいて良かったなと感じました🥺✨

(までもこの“障害児子育て系こっちから聞いていかないと何にも分かんない・誰も教えてくれない現象”自体、どうにかなるといいけど😑)

 

よく考えてみれば、去年よりも大きなコロナ禍の中での就学関連活動なんだよなぁ…

「コロナが無かった時はご紹介出来たんですけど、今は代わりにこれで…」みたいなのそこそこあったもんなぁ…

とりあえず一旦自分で自分を褒めたいと思います…もちろん娘も!

 

長文読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

※今回私が書いた流れは、住んでいる自治体によって違う部分もあると思います。参考程度に読んでいただけるとありがたいです😌

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

●就学に向けて

Posted by lenore